愛してる 愛してない

愛 だ ろ う 愛 し か な い 。

傷ついた私の心に響く『あの言葉に』


どーも、にゃろめです。


最近、元気コンDVDの発売決定、リサイタル開催決定、
ニューシングル発売決定、亮ちゃんのドラマ出演、大倉の映画出演など
エイターにとって嬉しいニュースばかりですね。




そんなお祝いムードの中、私は彼氏と別れそうです。
(この話に別に興味の無い、知りたくない方はグーンと下に下がって、歌記事から読んでください)





実は私、3年ほど前から付き合っている彼氏さんがいます。

付き合った当時、彼は私にゾッコンで(自分で言うな)
本当にこんなに優しい人世の中にいるのかと。優しさの塊だなと。
そんな人だったんですよね。


私の誕生日のために一人でケーキ屋さん8件くらい回って、食べ比べて
一番美味しかった所のケーキを買ってきてくれたりね。(今思えば凄すぎる)

本当に優しくてかっこよくて最高の彼氏でした。


でもね~~3年も一緒にいるとね~~変わりますよね~~
時って恐ろしいです。人ってこんなにも変わるものかと。
でもきっと私も変わっていってたんだろうな無意識に。


今では喧嘩ばっかりでお互い思いやりが無いです。
結果、今距離を置いている状態です。


少しでも気を緩めると暗いことばかり考えて病み始めます。

そんな時に元気をくれるのはやっぱり関ジャニ∞
ちなみに昨日は亮ちゃんの誕生日の日に、亮ちゃん本人からヨコに『元気?』
ってメールするっていうMCを見ました。亮ちゃん、ヨコに誕生日祝って欲しかったのかな?
素直におめでとう言えないヨコも可愛い。なんなのよこりょ可愛い。


でもやっぱり、こういう時に一番響くのは

最近は特に『あの言葉に』を毎日聞いてます。
(イッツマイソウルのカップリング曲です)
この曲凄いんです。今の私の心にストレートに歌詞が刺さります。






今日はそんな『あの言葉に』の魅力を語ります。

魅力1:歌詞、パート割が素晴らしすぎる。

もうこれは聞いてもらったほうが早いんですけども。
本当に暖かい言葉が並べられていて、前向きになれます。
苦労をしてきた関ジャニ∞が歌うからこそ響きます。泣けます。

そしてパート割。


1番AメロBメロ、年下組
2番AメロBメロ、三馬鹿
サビは全員で

と言う素晴らしいパート割なんです。もうそれだけで泣けます。
前に山田の声についての記事にも書きましたが、
一番Bメロの山田の掛け合いのパートは本当に圧巻です。


でも今の私に一番響いたのは、2番の三馬鹿パート


不安な夜があるだろう 心細くて泣きたい夜が

横山さんにこんなこと言われたら泣くしかない。
泣きたい時は泣いていいんだよって言われているような気がしました。
実際にベッドで聞きながら泣きました(気持ち悪いねごめんね)


このまま消えてしまえばいい そう思えるときが 

あのポジティブでいつでも明るく振舞う村上さんが
「このまま消えてしまえばいい」なんて言うんです。泣くしかない。


孤独と言う雨の中を 走り続けてたとき
君がさしかけてくれた 傘に入り込む 

色んな孤独を背負ってきたすばるさんが歌うこの歌詞は
すばるさんが歌うからこそ心に響くし、涙が出る。

私の中でこの歌詞の中の『君』はエイトメンバーのことで、
この後にくるサビで全員で歌うんですけど、みんながすばるさんに
傘をさしかけてくれているように感じました。ただの想像ですけど。

2番では本当に三馬鹿の偉大さ、存在の大きさを感じます。(表現が曖昧すぎ)




魅力2:セリフパートがある

エイトの楽曲の中で、セリフが含まれているものはけっこうありますけど、
(韻踏ィニティ、ほろりメロディー、道標など)
この曲のセリフは一言『ありがとう。』だけです。

この『ありがとう。』がとんでもなく心に響く。
1番が終わった後の間奏で大倉さん。
最後の後奏の時に横山さんが言います。

ヨコの『ありがとう。』が特に涙腺にきます。
優し~~い独特なヨコにしか言えない『ありがとう。』大好きです。
こっちの方がありがとうだよ~~~~ってまた泣きます。



魅力3:明るいメロディー

とにかく曲調が明るい。だから多分何もない時に聞くと普通に楽しい曲に
感じるんだと思う。
でもなんせ歌詞が深いし泣けるもんだから、病んでる時に聞くと
こんな明るい曲調なのに心に響く感動ソングになってしまう。
そのギャップがたまらなく好き。

目立っている高い音はシンセの音かな?耳音痴には分かりません。
ちょっと古い感じもするけど、癖になりますよねこの曲調は。


何か嫌な事があって落ち込んだ時、イラっとした時、心が傷ついた時、
そういうときに是非聞いてみて欲しいです。
本当に前向きになれます!!!!



以上です。
書いて少しすっきりしました。

ついに個人的なことを書いてしまった!オタブログに!
まぁ、自由にいきましょう。自己満だ。

最後まで読んで下さった方は勝手にお友達だと思っておきますね!(迷惑)