愛してる 愛してない

愛 だ ろ う 愛 し か な い 。

逃げられる場所がある人生を歩んでる時点で勝ち組なのでは


今日朝起きたらさ、声が天龍源一郎になってた。
さすがにちょっと焦ったよね。

残念ながらわたくしLADYなもんでさすがに天龍さんの声で過ごすのは厳しいかなって。
一応これでもしがないOLやってるんで。
天龍さんボイスで電話とったら相手の方ビックリさせちゃうかなって。
言ってること伝わらなくてイライラさせちゃうかなって。

それで会社抜けて病院行って、鼻からカメラ突っ込まれて。

もう本当に朝から散々だったんですけども。


ですけども。


私今日はね、強靭なメンタルで構成されているのでそんな事ではビクともしませんよ。

びっくりはしたけども。
朝起きて声出したら天龍さんだったからびっくりはしたけども。


でも心はウキウキカーニバルだから大丈夫。
天龍さんよりウキウキカーニバルへの気持ちの方が上回っちゃってるから大丈夫。



うん。



本日はジャムコン円盤のフラゲ日ですね!!!!!!!!!!!!!

いや~~~これが言いたかった!!!めちゃくちゃ焦らした!!!
謎の焦らしプレーしてみた!!!



あの、私にとって最高のライブ映像が、ついに手元に。
何か月待ちわびた事か。
ライブ参戦初日後の時点で「円盤はよ」となっていたからな。

待ちわびたその日がようやく来た。
そりゃあ雨が降ろうが風が吹こうが声が天龍さんになろうがウキウキカーニバルだろうが。


こんなふうに私は、日々、関ジャニ∞に一喜一憂し、楽しい人生を贈らせて頂いている。




結構前に見た『ねぽりんぱほりん』というNHKの番組(毎週録画してる)で、元国会議員秘書の方(Aさん)の話を聞く回があった。

仕事内容がハードすぎて私だったら完全に即刻クビにさせられるなと思うような鬼畜な話が続いた。

そんな身も心もボロボロになるほどの仕事量を与えられるという苦労だらけのこの仕事をしていたAさんを支えていたのが一体何だったのか。

それはなんと、

アイドルだった!

SMAPだった!!

木村拓哉だった!!!


ノートにキムタクの写真貼って、朝起きてチューすると。
SMAPがいなかったらここまでもってないと。

やっぱりアイドルってすごいんだ、、、って思ったよね。
ここまでは共感しかなかった。



でもこの方は、もし自分に辛いことや苦しいことが起きた時はキムタクを見ないようにすると言った。
嬉しかった時と、「やったぜ」って時に見るんだそう。


もうこれ聞いて私びっくり。
予想外の回答にびっくり。



私にとって関ジャニ∞は、平凡な日常から連れ出してくれる人たちで、辛い現実から逃れるための避難場所だったりする。

辛くてもういやだと思って泣きそうな顔してても、彼らがわちゃわちゃとどうでもいいようなことで笑いあっていたり、キラキラしたステージで輝いている姿を見ると勝手に口角が上がってたりする。


彼氏に振られても、まるちゃんの舞台が見れるという一筋の光を差し込んでくれる。

声が天龍さんになっても、夜になれば最高のライブを堪能できるという手を指し伸ばしてくれる。


私は辛い時、苦しい時、関ジャニ∞に逃げる。


関ジャニ∞にこんな(辛そうな)顔見せられない」なんて思ったことも無かった。

むしろ「元気チャージさせて~~~!お願い~~~!」ってすがりつくみたいに動画を再生し始める。

本当にどうしようもない時は、部屋を真っ暗にしてカウコンのdesireと関ジャムの鯨の唄とええねんのセッションを見て死ぬほど泣く。(これは本当にすっきりするのでおススメ)



まぁ、世界にはたくさんのヲタクが存在するので、自分が思ってもいないような感覚の人(凄くいい意味で)との出会いもあるよね。

自分の情けない姿を自分の大好きなアイドルに見られたくない(例えそれが動画でも写真でも)という考えはすごくかっこいいなと思った。



でも私は、今の、自分のスタンスも嫌いじゃない。

すがりついたっていいじゃないか!
泣きついたっていいじゃないか!
甘えたっていいじゃないか!

だってアイドルだもん!!!!!!!!



私には、こうして自分ではどうすることもできなくなった時に逃げ込める温かくて、面白くて、なんてったって最高にかっこいい人たちがいる。


逃げる場所がある。

それって多分、すごく幸せなことだよね。



私の人生は、彼らを好きになった時点で勝ち組だ。