読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してる 愛してない

愛 だ ろ う 愛 し か な い 。

丸山隆平のピンク発言まとめ


どーも、わたしです。

今回は唐突にひなまるレコメンでの丸山さんのピンク発言をまとめようと思います。

ひなまるレコメンが始まった頃、私はまだ丸山担ではなくてあまりレコメンをしっかり聞いてなくて、まともに聞き始めたのはだいぶ後半の方でした。(今となればなぜ最初の頃からきちんと聞かなかったんだと後悔…)


さらに私は記憶力がミジンコレベルな上に脳の容量が小さいらしく、新しい情報が入るとすぐに古い記憶が飛びます(ポンコツ)

なので、ひなまるレコメン時代にあった丸山さんの爆弾発言などを簡単にまとめようと思います。

全てを聞き直す媒体と時間が無いので、前々から少しずつネットで情報を集めました。
もし、間違った理解をしている部分がありましたらお声掛けください。

ちなみにピンク発言というのはお色気(下ネタ)発言、恋愛観についてなどの発言などなど私がキュンとして心にズシッときた発言ということに勝手にしました(笑)
(まるちゃんの爆弾発言を探していたら驚くほど下ネタばかりになったので最終的にピンク発言としてまとめたというのは秘密)


丸山隆平のピンク発言まとめ



男は少なくともぉ、好きって言ってくれた女の子はずっと好きでいて欲しいしー、きっとどっかで俺のことまだ好きやろなって、思ってるからね!



視聴者の方から『昔の彼が噛んでいたガムを噛むと思い出が走馬灯のように』という声があり、ガムがキスの味なのでは?となり、「ガムかみながらキスするって俺あんま好きじゃないけどな!」と言った後に放った一言。

焼肉食べた後にお互い肉くさいなーって言いながらするキスのほうが好きやな~



「俺なんかほとんどの女性が好きやもん!ほとんどの、女性が、好き!」と言った後に『高校時代にどんな子が好きでしたか?』という質問の答え。

「僕?僕はねー、あの、黒髪ストレートロングの、色白の、割と運動もできてー勉強もできるような子が好きやったなぁ、その当時はね?」



『自分が女の子だったらなりたいおっぱいのサイズは?』という話で「Cの上!」と答え、何故か理想の女の子のおっぱいについて話し出す丸山氏。

「僕、女の子のおっぱいのサイズはなんでもいいです!
あのー、感じてくれれば。」



ハロウィンの時の発言。

「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞぉ。こっちだってもう子供やないから、するいたずらも変わってきますよお?」



男性はどういう時にムラっとくるのかという話題で。

「女性の汗の香りとかー、濡れ髪とかー。走ってきて『ごめーん』みたいなんで、ちょ(髪が)タラーンとしてる。首筋とかデコルテラインが綺麗な人が好きですね。あとは後ろからこう抱きしめた時のこの、腰の感じとかー、でー、ムラっとすんの。」

「女子がいたらずっとムラムラするの。」



縛られたい女の人についての発言。

「縛られたい女性って良いですよね、何かに縛られたいっていうか。なんか、良い。好き…ありです。縛られたい人を、縛ってみたいっていうの、ありますよね。その、物理的じゃなくて、気持ちで縛りたいっていうのもありますよね。僕、割と結構束縛したい方なんで、そういう意味では縛られてドキドキするんだったら、縛りたいですよね。良いですね。結構ドキドキしますね、心拍数が上がってます。」



おっぱいの大きさについてのお話しにて。

「おっぱいをもみしだくためなのか、手が二本あるのは…!!」



洗濯物を畳む話の際、ブラって畳むの?という疑問が沸き、女性スタッフに「ブラって畳むの?」と村上さんが聞いている最中、丸山さんが女性スタッフに放った一言。

「ブラの棚みせてぇ~!えへへぇ~!」



バスの中にいてスマホでエロ動画を見るおじさんの話をしていた時の丸山氏の発言。

「あのこれは友達の話やねんけどさ、色んなアダルト資料があるわけですよ、その中からどれがいちばん満足の行くラストを得られるかっていうのを帰るまでに選んでんのやってその友達は!」



レコメンの放送ブース内で大量のアロマを焚いた結果…

ぼーっとしてきたんですよ。ちょっとだからー、今なんかあ?そおいう性的刺激を受けたらー?ぼーっとしてるまんま、も、すべてが終わってるみたいなことになってくる。



性が目覚めたきっかけの話題にて。

俺の(性の)目覚めは、叔父の電気あんま!お前はお仕置きだーって言って…雷が走ったね!!



『恋愛に寝る時間をさけるのか』という話題で、最終的にまるちゃんは好きな人の前ではワンちゃんになるという流れにて

「多分めっちゃ服従します。命令とか、されたらー?三回目に聞くって感じですね。絶対服従です、恋愛では。そうならざるを得ないです。尻に敷かれます。」

「例えば、亭主関白がいいみたいなタイプやとしても、その子が、想像を絶するくらい、僕は、尻に入っていくからね。」



ここまで世の中の女性に夢と希望を与えるイケメン軍団ジャニーズとは思えないほどの生々しい下ネタや恋愛観を語った発言などを紹介してきました。

数々のまるちゃんの爆弾発言の中でも私がダントツで大好きなエピソードを最後に載せておきます。



まるちゃんは高校生時代に電車通学をしていました。

高校2年生の冬に、電車を寝過ごして、学校に行くのに降りる駅の3駅か4駅くらい乗り過ごしてしまいました。

目が覚めたら目の前に凄く綺麗で色白で髪の黒い女の子がいて、ドキドキして、声をかけたいなあと思ったけど彼女は自分より先に降りてしまいました。

電車で寝て起きたらまたその子がいるかもしれないと思ってそれから電車に乗る度に何回も寝ました。

何回か会う時があって目が合ったこともあったのに最後まで声はかけられなかったんだそうです。

その人に恋をしてしまった丸山さん。
それから何年も経って大人になった今、丸山さんがその頃を思い出して、思う事。

「でも、やっぱ、叶わないからこそ、きれいなままっていうのんは、あるわ、そん時は。」


まだまだ勉強不足で申し訳ないです。きっと他にも沢山色んな発言があったと思います。もし、他にひなまるレコメンで、まるちゃんのピンク発言、心に残った発言などがありましたら教えて頂けると嬉しいです><