愛してる 愛してない

愛 だ ろ う 愛 し か な い 。

払った金額以上の幸せを貰えるので実質タダの映画『泥棒役者』


2017年11月18日。
ずっと待っていた 映画「泥棒役者」の公開日を、一番見たかった場所で迎えることができました。

まずは、関わってくださった全ての方々にお礼を言わせてください。
本当に、本当にありがとうございました。


言葉のボキャブラリーが少なく、薄っぺらい感想になってしまうのを恐れて、今まで映画や舞台の感想を避けてきましたが、今回は向き合ってみようと思います。
それくらい、素晴らしい映画でした。素晴らしい喜劇でした。



まだ見ていない方へ(ネタバレ無し)

泥棒役者

あらすじを簡単に説明すると

現在は真面目に働いている、元泥棒の大貫はじめは、かつての泥棒仲間に脅されて仕方なく忍び込んだ豪邸で、どんどん現れる濃いキャラクター達からなぜか次々と別人に間違えられてしまい、自分の正体を隠すために、その勘違いされた"役柄"を役者のように次々と演じていくハメになる…

という物語です。

すごくハートフルで心がほっこりするような内容なので、カップルで見るも良し、家族と見るも良し、友達と見るも良し、一人で見るも良し、小さいお子さんから高い年齢層の方まで広い世代で楽しむことの出来る映画だと思いました。

見た後に「幸せ」と言う感情で心が満たされました。
私のように、物語の主人公に感情移入しやすいタイプの人は特に幸福感を感じられると思います。


どんなに明るくふるまっている人でも、何を考えているのかいまいち分からない人でも、心の中に抱えている誰にも言えない部分て、人それぞれきっとあります。

この物語に登場する個性豊かな人物たちも、それぞれ自分の中に色んな想いを抱えています。


だけど物語が進むにつれ、少しずつそれぞれの想いが変わっていく。
大切なことに気づき始める。
いきなり大きな幸せを得る訳ではなく、小さな幸せが少しずつ増えていくように...

登場人物たちが幸せになっていく過程を見ることが出来る。
だからこそ、見ているこちらは物語が進んでいくにつれて、主人公のはじめくんだけでなく、出てくる全てのキャラクターに対して「幸せになってほしい!!!」という感情が大きくなる。


ちなみに私は「映画館でこんなに笑ったこと無い」と思うくらいに笑いました。
しかも自分だけじゃなくて、会場にいるお客さん皆さんがガハガハ笑っていたので不思議な一体感を感じました。(これは舞台挨拶の会場だったからかな…)


ところどころに出てくるボケに笑ったり、泥棒という正体がバレてしまう?!とヒヤヒヤしたり、心に響くようなセリフや展開にほろりと泣けたり、感情が忙しいので、飽きることもなく、2時間ほどの上映時間があっという間に過ぎていきました。


そして最後に一つ。

エンドロールは必ず最後まで見てくれ!!!!

エンドロールの中に仕掛けと言うか結末と言うか、最後の幸せが待ってるから!!!ここ見ないと意味ない!!!

私自身、エンドロールを工夫している作品が凄く好きです。最後の最後まで見る人を楽しませようという気合いを感じるので。
あと何よりワクワクする。映画を見終わって余韻に浸っている所に急に『ワクワク』と言う感情が入り込んでくると、その映画が何倍にもいいものに感じられる。

特にこのエンドロールは、関ジャニ∞ファンには絶対に見て欲しい。

この後の展開にきっとグッとくることになります。
私はここで大号泣しました。ハンカチを口に当てて声が漏れないようにするのに必死でした。(涙腺が緩いタイプ)

この工夫はきっと監督からの愛だろうなぁ。素敵でした。


最後の最後まで楽しめる最高の映画「泥棒役者」存分に楽しんでください!


以上!解散!