愛してる 愛してない

愛 だ ろ う 愛 し か な い 。

ジャニオタ人生山あり谷あり

 

 

 

すごくすごくお久しぶりにはてなブログを開きましたよ。

実は更新してない間にも何回か心を掻き立てられてブログを書いてたんですけど、書いてる途中で手が止まってしまったり、なんか人様に見せるような内容じゃないなって消しちゃったり。

そんな繰り返しだったけども。

この記事はちゃんと更新されるかな?

自分でも分かりません。

 

とりあえずたった今吐き出したい、誰かに伝えたいなと思ったことがあるので、とりあえず書いてみます。とりあえず。

 

久しぶりにズドーンとくるマシュマロが来ました。

というかマシュマロがもはや懐かしい…送ってくださった方はどこから見つけ出して送ってくださったのだろう…

ありがとうございますね。

 

この記事は先に言ってしまえば、マシュマロをくださったあなたへ送る言葉でもあり、ついでに私の頭の中も整理していこうという内容です。

久しぶりのブログ更新なのに個人的な内容でございます。

 

頂いたマシュマロの一部がこちらです。

はじめまして。 9年間丸山くんを応援していましたが、担降りすることに決めました。彼やエイトのことが好きなことに変わりはないですが、自分自身の変化でオタクという行為に疲れたからです。そしてそんな自覚はなかったけれど7人の頃が大好きすぎたみたいです。 そんな時に、にゃろめさんが書いたブログ「関ジャニ∞のファンを辞める日」に行き着いて、本当にその通りで読みながら丸山くんとの思い出が走馬灯のように脳内に浮かび上がってきて号泣してしまいました。私にとって彼はナンバーワンかつオンリーワンのアイドルで、この先もう他のアイドルも応援しないと思います。どうしても5人でドームに立つ姿と舞台は見たいのでそれまでは少し離れたところで見守るつもりですが、以前みたいな熱量では追えなくなります。それでも、ここまで応援してきたことに後悔はひとつもありません。とても楽しい時間でした。

 

すばるさんと亮ちゃんが抜けて、私もしばらく感情迷子になってました。

そんな中で、入籍したり、結婚式をしたり、家を建てたり、人生の一大イベントも経験して、関ジャニ∞を追っていく心の余裕がなくなっていき、SNSに何を発信していいのかも分からなくなり、私が何か言ったところで誰のためにもならんだろと思ったり。

そんなこんなで、はてブロはもちろんのこと、Twitterにも顔を出さなくなり、どんどんフォロワーさんも減っていきました。

まぁ、当たり前です。

 

あんなに必死に追いかけて、四六時中関ジャニ∞のことで頭いっぱいで、色んな感情をたくさんの方と共有して、本当に楽しかった分、

 

「こんな状態の私はファンと名乗る資格はないのでは…」

 

と思ってました。

 

そうして今、私はどうなったかと言うと

 

めちゃくちゃ関ジャニ∞に夢中

 

いや~。人生は分からないですよ。何があるのか。

最大のきっかけは間違いなく『キミトミタイセカイ』です。

本当にびっくりさせられましたよこの曲には。

 

めざましテレビでキミトミタイセカイのMVが初めて流れた時に、めちゃくちゃ高音のコーラス?フェイク?が聞こえて、聞いた瞬間に「お~またヤススが素晴らしい高音を…」と思って画面を見たらそのコーラスを歌っているのが大倉さんだったんですよ。

 

え?てなりました。見間違いかと思いましたもん。

長年関ジャニ∞の声を聞いてきて、パート割を間違えることはほとんど無いって割と自信があったんですけどね。

 

人が持つ可能性って無限だなって思いました。

努力とボイトレを完全に舐めていましたよ私は…。

私の中の大倉忠義の声辞典には無い声でした。何回聴いても感動します。

(大倉さんだけじゃなくて、みんなすごい。まだフルで聞いてないけど、それでもすごいことだけは分かる。)

 

その上に先日のMステブリュレですよ…

 

もう!!!!売れる気マンマンじゃん!!!!

好き!!!!!!!!!!!!!

 

横山さん提案なのがまた唆られますよね。

 

 

昔から私のことを知ってる人は分かると思いますが、私は生粋のグループ好きなので、"担当"ではなく"関ジャニ∞"が何より最優先で好きなので、7人でなくなったことにどうしても悲しみが拭えなくてどうしようかと思ってたんですけど。

 

でもこんな大革命を見せてくれる関ジャニ∞、例え何人になったとしても無関心にはなれないな…

好きになって約13年経ったのにまだまだ知らない才能がこの5人には秘められてるのか…って。

そんなの見逃したくないじゃないですか。

 

結局またTwitterもバンバン開くようになっちゃって。情報も少しずつ追えるようになって。

あの時「担降りします!」って高らかに発言しなくてよかったと思ってます。

そんなこと言っちゃいそうになるくらいには精神参ってたので。

 

今はSNSも人のためではなく自分のためにしてます。そういうものですよね。

前よりも人のことは考えず自分の思ったことを好き勝手に呟けてる気がします。すごく気が楽になりました。

(先日少し話題になってたけど、フォロワーが多い人は発言に気をつけろ的な…思ったことや感じたことを自由な言葉使いで発信できない世の中ってなんだ…って思いましたけど…いや最低限のマナーは必要ですけどね…)

 

 

だから!何が言いたいのかと言うと!

もし、少しでも関ジャニ∞のことが好きだという気持ちが残っているのだとしたら、担降りは少し延期しませんか?

 

5人の関ジャニ∞がドームに立つところを見届けてから、改めて自分の気持ちを確かめて、今後降りるか降りないかを決めてもいいのではないかと。

以前と同じ熱量じゃなくても遠くから見守るだけでもいいじゃないですか!

ファンの定義は自分で決めちゃえばいいじゃないですか!

 

だけど、今までと同じように応援できないことにものすごく辛い思いをするなら、担降りするしかないですよね。。

 

だけど私はもったいないな~!って思っちゃいます。

質問者さんの文章を読むと、すごく関ジャニ∞への愛情が伝わってくるので。

 

でも究極をいうと、担降りしたって興味が沸いてきたらまたファンになればいいし、興味が無くなれば離れてもいいし、結局は自由なんですよね。自分次第!本当にそれです。

 

なので、正直私は前ほど細やかに関ジャニ∞を追えているわけでもないですがファンだと言い張ります!!!!!

 

ゆるくたってファンなのには変わりないです。

CD、DVD、BluRay、雑誌、舞台、ライブ、ラジオ、全てこなしてる人しかファンになれないわけではないですもんね。(でもその全てを追いかけられてる方はすんばらしいと思いますが)

 

忙しなく余裕のない生活の隙間にある関ジャニ∞という名のオアシスでも十分だと私は思います。

 

でも青春にケジメをつけたい人もいると思いますし、色んな価値観あると思います!

ファン心は難しいものなので!

これはいちファンの意見として聞いていただけたなら嬉しいです。

 

…今日の関ジャム、楽しみですね。